THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED.
RECRUITING 2018
基幹職採用サイト

ダイバーシティ&インクルージョン 多様性を活かして新たな価値を創造。

多様性を活かして
新たな価値を創造。

私たちは、人財の「多様性(ダイバーシティ)」をお互いに「包摂(インクルージョン)」することが、第一生命グループの持続的な成長を支える源であると考え、国籍、性別、障がいの有無、ライフスタイルなどに関わらない多様な人財の活躍を推進します。

多様な人財が活躍する風土

ダイバーシティ&
インクルージョン推進における
主な取組み

グローバル・
ダイバーシティの推進

グローバルな
人財交流の推進

第一生命グループでは、各国の海外グループ会社が集まり、層別、セクション別での人財交流や意見交換を通じて、グループ内のシナジー効果を発揮していくことを目的とした会議・研修などを定期的に実施しています。

[エグゼクティブ・サミット]
各国経営陣が集まり、グループ経営について議論・意見交換を行ないます。

[グローバル・マネジメント・カンファレンス]
海外グループ各社の部長層がIT、商品戦略、人財戦略、チャネル戦略等のセクションで各社のベストプラクティスを共有します。

[グローバル・タレント・エクスチェンジ]
中堅社員を中心に、海外グループ各社間のコネクション形成、各国ビジネス文化の理解、グローバル対応力強化を目的とした交流を行っています。

例えば、2016年11月に実施したグローバル・マネジメント・カンファレンスでは、各国のHR部門が日本に集まり、「人財戦略」をテーマとした会議を開催しました。アメリカ(プロテクティブ社)、オーストラリア(TAL社)、ベトナム(第一生命ベトナム社)、インドネシア(パニン・第一ライフ社)、インド(スター・ユニオン・第一ライフ社)、タイ(オーシャンライフ社)などの海外グループ会社が参加し、テーマに沿って各社の好取組事例の共有や議論を行いました。
こうした取組を通じて、グループ全体の人財価値向上と世界に例のない「価値創造シナジー」を追求しています。

  • グローバル・マネジメント・カンファレンスの様子グローバル・マネジメント・カンファレンスの様子

閉じる

女性の活躍推進

第一生命の社員のうち、多くを占める女性社員。女性社員の活躍は、経営に直結することでもあり、女性の活躍推進に向けて、キャリア支援や育成体系の充実に取り組んでいます。役員がメンター・スポンサーとして育成に取り組んでいるほか、女性執行役員や女性管理職が次世代の女性リーダー候補者の育成を担うなど、グループで総力を挙げて取り組んでいます。

  • 社長塾(女性支社長・部長が対象)社長塾(女性支社長・部長が対象)
  • 選抜女性アシスタントマネジャー塾(女性リーダー候補者)選抜女性アシスタントマネジャー塾
    (女性リーダー候補者)
詳細は以下のリンク先を
ご覧ください
  • 女性の活躍推進
  • ワーク・ライフ・バランス

閉じる

障がい者の活躍推進

一人ひとりが
いきいきと働くことができる
環境と風土づくり

障がい者の積極的な採用を進めるとともに、働きやすい環境整備に取り組み、ノーマライゼーション(※)の実現を目指していて、全国で約1,000名の障がい者が活躍しています。
また、グループ会社の第一生命チャレンジドでは、知的障がいや精神障がいのある社員を中心に、印刷・書類発送・清掃・喫茶・データ入力業務などの幅広い業務を行っています。主体性を発揮する、チャレンジする、長所を活かす取組みによって、社員一人ひとりのプロ意識を醸成しており、喫茶業務に従事する社員のなかには、バリスタ資格を取得して業務に活かしている社員もいます。

(※)ノーマライゼーションとは:障がいのある人もない人も社会の一員として、お互いを尊重し、支え合いながら、地域の中で共に生活する社会こそ当然の社会であるという理念

社外からの評価
  • 2014年度
    「障害者雇用職場改善好事例」
    最優秀賞「厚生労働大臣賞」受賞
    (第一生命チャレンジド)
    第一生命チャレンジドでは、①組織的な支援体制 ②社員の安心感を醸成する土台作り ③新たな仕事を開発し、障がい者の自信を獲得させる道筋などができており、他企業の参考となることが評価され、2014年度「障害者雇用職場改善好事例」の最優秀賞である「厚生労働大臣賞」を受賞しました。
  • 精神障害者等雇用優良企業に認証
    (第一生命チャレンジド)
    2016年3月、障害者雇用への積極的な取組み推進を目的とする厚生労働省委託事業「精神障害者等雇用優良企業」に認証されました。精神障害者等雇用優良企業

閉じる

LGBTフレンドリー

LGBTにフレンドリーな
企業を目指して

第一生命グループは、「第一生命の人権宣言」において基本的な人権の尊重を明確に打ち出しているほか、多様な個性の包摂に向けたダイバーシティ&インクルージョン推進の一環として、LGBT(※1)にフレンドリーな企業を目指した取組みを推進しています。
お客さま向けには、渋谷区にて発行される「パートナーシップ証明書」の写しを提出いただくことで、よりスムーズに同姓パートナーを保険金の受取人に指定するお手続きが可能になりました。
社員向けには、全社員がLGBTに対して正しい理解を持ち行動できるよう、全社員向けにLGBT理解促進研修を実施したり、「LGBT相談窓口」を設置して個別相談に応じる体制を整備しています。また、LGBTの理解者・支援者であるAlly(アライ)を増やし、AllyがLGBTを理解し支援する気持ちを表明することがLGBT当事者への心理的サポートとなるという考えのもと、Ally(アライ)シールを社員に提供したり、本社の食堂モニターでの動画放映やLGBTの理解・支援を示す虹色フラッグの掲示なども行うことで、社員への理解促進に取り組んでいます。
この他、「work with Pride2016セミナー」(※2)への協賛や、「OUT IN JAPAN」(※3)写真展の開催を当社本社で実施、また2016年5月には「東京レインボープライドパレード」へも参加しています。

(※1):女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、そして性同一性障害を含む性別越境者(トランスジェンダー、Transgender)。
(※2):日本最大級の企業向けLGBTセミナー。
(※3):セクシャル・マイノリティを可視化し、正しい知識や理解を広げるきっかけとすることを目的とした、 LGBT当事者のポートレート写真展示プロジェクト。

  • 「OUT IN JAPAN」写真展「OUT IN JAPAN」写真展
  • 食堂モニター食堂モニター
  • 東京レインボープライドパレード東京レインボープライドパレード
  • Ally(アライ)シールの提供Ally(アライ)シールの提供

閉じる

その他の分野を見る

  • ダイバーシティ&インクルージョン
  • 人財育成
  • 女性の活躍推進
  • ワーク・ライフ・バランス
  • キャリアステップ